愛知県認可専修学校 名西文化服装学院

学院長挨拶



皆さまこんにちは。
日本の伝統文化のきものは、私達女性にとって、
あこがれですね。
でも気軽に着ることはなかなかできません。

私共の学院ではオリジナルきものを「貴都流(キドル)」と名付けて
誰でも洋服感覚で着ていただける形を考案しました。
(実用新案申請・62-038043)

気軽に着物を楽しんでみませんか?

さらに

大切な思い出が残った着物たちに

箪笥の中で眠ったままの帯、着物、羽織たちに

もう一度洋服としての命を吹き込みたいと願い

リライブ着物と名付け講座に加えました。

昔の布は素敵な色、柄、手触りが多いものです。

和裁の知識と洋裁の知識を融合させて

幅広い指導を心掛けております。



沿革


創立

  昭和21年

認可

  昭和51年4月1日

取得資格

  専修学校教員資格・準教員資格

建学の精神・教育方針

  桜は桜、松は松というように私たちひとりひとりはそれぞれに個性を持っており、服装は
 その人となりをあらわす一番大切なものです。

  本学院ではその個性を大切に、広く服装全般に通ずる知識、技術を学んでいただき、自分
 なりの生き方を持った社会人を育てることに力を入れていきます。